デリケートゾーンのかゆみ・臭い・黒ずみetc.が気になる?対策・対処方法のおすすめは?

女性のデリケートゾーン対策対処方法とは

『デリケートゾーントラブル対策と対処法』について私自身の考え、また経験から色々とまとめたいと思います。

女性であれば誰もが悩むことだと思いますので、あなた一人が世の中で悩んでいるわけではありませんのでご安心下さい^^

多くの女性が経験するデリケートゾーンのトラブルとは

女性であれば誰しも一度は「デリケートゾーン」のトラブルを経験しているはずです。

  • かゆみ(かぶれ)
  • ムレ
  • 黒ずみ

などなど。

ほか女性ならではの”うっすらとしたひげ”の悩みなど・・・

ノイス愛用者 女性30代
ノイスを使い始めてから以前から悩みの種となっていたうっすらひげが目立たなくなった感じがあります。

参考:http://zero-standard.info/

と、ノイスは愛用者の満足度98.5%という驚異の数字を誇るおすすめのスキンケアクリームです。

夏のデリケートゾーンの悩みはかぶれ・ムレ・臭い・・・

でこのページでは・・・そんな中でも夏場は特に「かぶれやムレ」「臭い」が気になるところです。

特に生理の時などはかぶれやすく私も悩んできました。

「デリケートゾーン」のかぶれはなかなか治りづらく放っておくとさらに悪化してしまいます。

アンダーヘアの処理は有効な対策!時間とお金も必要・・・

デリケートゾーンの問題についてはなかなか他人に相談しにくい箇所なので一人で悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか。

私自身もそんなときがありましたし・・・。

・・・詰まるところ・・・最も有効な対策としては「アンダーヘアの処理」なのですが、サロンに通う時間やお金が必要です。

本音の部分でいうと色々と調べた結果でも結構やっぱりおすすめです^^;
とはいえ「時間もお金もない・・・」みたいな。

で、私が実践している!もっと手軽に自分でできる!デリケートゾーン対策・対処方法があるので紹介したいと思います。

デリケートゾーンのトラブルに洗いすぎは注意!?

これは産婦人科の先生から教えてもらったのですが、「デリケートゾーン」の臭いやかゆみが気になるからとボディソープでゴシゴシ洗うのは逆効果との事でした。

「デリケートゾーン」は他の肌に比べ皮膚が薄く洗いすぎる事によって皮脂が必要以上に剥がれ落ちてしまい乾燥してしまいます。

その結果、さらにかゆみが増してしまうという事になってしまいます。

また、洗いすぎによって常在菌まで殺してしまい細菌の繁殖を増幅させてしまいます。

生理の時などは念入りに洗いたくなりますが、かぶれやかゆみが起きている時はボディソープではなくお湯だけで洗うor「デリケートゾーン」専用の石鹸で洗う事をお薦めします。

夏のデリケートゾーンのムレと臭い対策

夏はどうしても「デリケートゾーン」がムレてしまいがちです。

暑さからくるそれはどうしても仕方のないことだと思います。

通気性の良い下着がおすすめ

デリケートゾーンのかぶれやかゆみなどのトラブル時は通気性の良い下着にして、生理用品などはこまめに変えるようにしましょう。

生理ではない時も、「おりものシート」は常に付けておりものが下着に付着するのを防ぐ事が大事です。

臭い対策(対処)に食べ物に気をつける

また、「デリケートゾーン」の臭い対策として食べ物にも気をつけると良いです。

体のなかからのケアは想像以上に効果的なところがあります。

例えば、お肉やニンニクなどを過剰に食べ過ぎると体内が酸性になり体臭がきつくなる傾向にあります。

それに伴い「デリケートゾーン」の臭いもきつくなってしまいますので気を付けましょう。

デリケートゾーンのトラブルはセルフケアor病院?(まとめ)

「デリケートゾーン」のトラブルはなかなか他人に相談しにくい事です。

・・・パートナーがいる人はとても心配なことだと思います。

かゆみやかぶれなどが「ムレ」で引き起こされている場合はセルフケアで大丈夫です。

市販されているデリケートゾーン対策クリームや石鹸etc.効果があるものもあります。

が、「ガンジタ膣炎」などの「病気」である場合もありますのであまりにもかゆみがひどく治りにくい場合は我慢せずに婦人科の受診をお薦めします。